FXとは外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とも言われる、投資のひとつ。

証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいいます。「FX (Foreign Exchange)」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。例えば、円高ドル安などのドルが安くなっているときにUSDJPY通貨ペアを買い、ドルが強くなった(円安ドル高)際にUSDJPY通貨ペアを売る。ここで生じた差によって利益を得るのがFXの考え方。

例:1ドル90円の時にUSDJPY通貨ペアを買い、1ドル110円になったら売る。

→1通貨につき20円の利益!

もし、1000通貨分(=1000ドル分)取引をしていたら、1000×20=20,000円の利益‼

FXの魅力の一つはやっぱりレバレッジでしょう。

※詳細はブログ参照!

レバレッジを効かせた取引では、担保(証拠金)より小さい資金でポジションが持てます。証拠金に比べて何倍のポジションを持てるか、という意味で通常は「レバレッジ〇〇倍」という表現をします。

例1:レバレッジ1倍でUSDJPY通貨ペアを1000通貨買う場合(1ドル=110円とする)

→1000×110=110,000円の証拠金(担保)が必要

例2:レバレッジ200倍でUSDJPY通貨ペアを1000通貨買う場合(1ドル=110円とする)

→1000×110÷200=550円の証拠金(担保)が必要

国内FX業者は最大で25倍までのレバレッジ取引が可能。

かたや海外FX業者は400-1000倍の高レバレッジ取引を提供しています。

(例:FXDDは最大500倍、ミルトンマーケッツは800倍、XMマーケッツは888倍!)

FX取引をはじめとした投資は余剰資金で行うのが基本であるため、少額から始めたい人が多いでしょう。少額でそこそこのリターンを期待する場合は高レバレッジ取引・ハイレバ取引が可能な海外FX業者がおすすめです。

loading
×